末梢動脈疾患

赤羽もり内科・腎臓内科では、「足の血流の低下」などが疑われる患者さんの診療を行っております。

生活習慣病による動脈硬化で起きる下肢の障害の診療を行っており、専門施設と連携を取りながら、検査・治療を行っております。

この記事では下肢の血流の障害で代表的な末梢動脈疾患について触れます。

末梢動脈疾患

末梢動脈疾患(PAD)とは下肢の血流を司る動脈が動脈硬化で狭窄して血流が低下することで、歩行時の痛みと痺れが生じたり、皮膚の色調の変化、筋力低下などが起きる病気です。

重症化すると足が腐ったりして、切断しなくてはならなくなるので早期からの対応が求められます。

PADの方は全身に動脈硬化があるために、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高いとも言われています。

リスク

年齢とともに罹る人数は増えて、おおよそ60代で10%、80代で15%の方がPADであると言われています。

年齢以外にタバコを吸っている、コレステロールが高い、糖尿病、高血圧、肥満などが危険因子になります。

検査

診断はABIという上腕と下腿の収縮期血圧を評価して両者の比を出す検査を行う事で診断します。

診断

ABIの値によって以下のように重症度を分けます。

0.9以下:PADの診断

・0.71~0.9:軽症
・0.41~0.7:中等症
・0.4以下:重症

0.5辺りを切ると動いていない時にも下肢の痛みが生じると言われています。

0.9-1.4の場合、症状がある時に限りトレッドミルという運動負荷を行なう検査を使用して評価します。

検査をするべきか、そうでないかは様々な意見がありますが、70歳以上のすべての患者様+50~69歳でも喫煙者、糖尿病などのリスクが高い患者様や症状を自覚しにくい患者様には行なった方が良いという報告もあり、当院はそれに準じて検査を行なっております。

治療

治療はタバコ、脂質異常症、高血圧、糖尿病などのリスクとなる要因の治療をまず行います。

具体的には、タバコは禁煙、脂質異常症はLDLコレステロールを120mg/dl以下、糖尿病は血糖コントロール、高血圧は血圧コントロールを行います。

症状がある時

症状がある場合は、加えて血液をサラサラにしたり、症状を軽くする以下のようなくすりなどを使用します。

・抗血小板薬(クロピドグレルなど)
・シロスタゾール
・レボカルニチン

赤羽もり内科・腎臓内科では専門施設と連携を取りながら、ご相談にのらせていただきますので遠慮なくおっしゃってください。

タイトルとURLをコピーしました